福岡県立大牟田北高等学校-単位制フレックス型高校

令和2年度 教育指導計画

【 校 訓 】

誠実  勤勉  協同

※校訓 「 誠実 ・ 勤勉 ・ 協同 」 により、校是「 自己ベスト 」 実現を目指す。

【 校 是 】

「目指せ 自己ベスト! ~人は自分が思う以上に、輝けると思う。~」

※「師弟同行の中で、生徒の資質、能力を見極め、伸ばす」という北高の“伝統の力”をもって、5コース制による進路実現を目指す学校の在り方が揺らぐことのないよう平成26年度に校是を定めることとした。

【 目指す学校像 】

  1. 愛情と信頼に充ちた、生徒・保護者・教師が連携した明るい学校
  2. 向上心を高め、「生きる力」を育成し、生徒のニーズに応える学校
  3. 地域や同窓生から愛され信頼される、活力溢れる開かれた学校

【 目指す生徒像 】

  1. 誠実で豊かな心を持ち、自己を陶冶し、他を思いやる心優しい生徒 < 誠 実 >
  2. 向学心を持ち、学業に勤勉に励み、目標を持ち、自己実現に努める生徒 < 勤 勉 >
  3. 協同の精神を重んじ、社会や集団の向上に貢献し活躍できる生徒 < 協 同 >

1.教育目標

憲法及び教育基本法の精神に則り、知・徳・体の調和のとれた人格の完成を目指すとともに、国家及び社会の発展に貢献できる、自主・自立の精神に充ちた、心身ともに健康で逞しく生きる国民を育成する。

2.教育方針

  • 自他の命の尊さを認識し、自尊感情と規範意識を併せてはぐくむ教育活動に取り組む。
  • 「何事もあきらめずに頑張り続けると、必ず道は開ける」と信じて、生徒は学校生活に、教師は教育活動に、誠実に、意欲的に取り組み、生徒と教師が共に成長する、笑顔溢れる学舎とする。
  • このように生徒と教師が一丸となって教育活動の充実に努め、「大牟田地区に北高があってよかった」と、地域からの評価・信頼を受ける学校づくりに邁進する。

3.本校のあるべき姿(新建学の精神)

(1)Mission(使命)

 中学時代を真面目に過ごしてこれから芽を出そうとする若者たちに我慢をする力、ルールを守る力、仲間をつくる力を身につけさせる。そうすることで、礼節と自信をもち、やる気に満ちた地域社会における将来のリーダーとなる人材に育てていきます。

(2)Vision(目指す姿、目指す学校文化)

 北高は、将来の目標を掲げるのは自分自身であり、現実から逃げることなくその目標を達成するために努力するのは自分自身であるという自覚と気概を持った生徒たちが集う学校である。北高に来れば、確かな学力と規範意識が身に付く。悩みや夢、人生を教師や友と語りあえる。自分を大切にし、他人を思いやることができるようになる。自信を持って高校生活を送ることができる。自分が将来、活躍できる場所を見つけることができる。必ずや地域社会に恩返しをしようという感謝と奉仕の精神に溢れた人材に育っていきます。

4.本年度の重点目標

  1. カリキュラム・マネジメントの充実を図り、教科指導力を向上させ、「主体的・対話的な深い学び」を実践する。
    ア.生徒一人ひとりに対して丁寧に誠実に個に応じた指導を行う。
    イ.生徒の自己ベストを引き出すことにより、自立につながる学力を育成する。
    ウ.コースのそれぞれの特色に応じた指導を行う。
  2. 生徒指導力を向上させ生徒の自尊感情(自立)と規範意識(自律)を高め、秩序ある学び舎をつくる。
    ア.いじめがなく、安心で安全な学校をつくる。(早期発見、早期対応の実現)
    イ.生徒の良さを認め、気づかせる積極的生徒指導を推進する。
    ウ.地域と協力し多くの体験から思考力を育成する。(ハートフル賞の活用)
  3. 3年間を見通したキャリア教育を行い、組織的な進路指導を実践する。
    ア.キャリアパスポートを活用し体験型のキャリア教育の推進を図る。
    イ.総合的な探究の時間を活用し、生徒に将来の夢の醸成に努める。
    ウ.生徒の第一希望での進路完全実現を目指す。
  4. 地域、保護者との連携を深め、共に生徒を育てる環境づくりを推進する。
    ア.本校のフレックス型へ改編を地域、保護者に正確に広報する。
    イ.高大接続改革を研究し、積極的に広報する。
    ウ.ESD(持続可能な開発のための教育)等を通して小・中学校と積極的に連携を図り、総合的な探究の時間を推進する。

5.人権教育の基本方針

 日本国憲法及び教育基本法の精神に則り、人権教育及び人権啓発の推進に関する法律、さらに福岡県人権教育・啓発基本指針に基づき、本校の実情に即した人権教育を推進する。

  1. すべての学校教育活動の中で、人権尊重の精神を涵養していくため、学校教育指導計画のすべての領域で人権教育を積極的に実践し、その認識を深め、実践力を持った生徒の育成を目指す。
  2. 生徒に社会の変化に対応できる「生きる力」をはぐくみ、持てる力を十分に伸ばしうるよう、教育方法を改善し、学習権と進路の保障に努める。
  3. これまでの人権・同和教育に対する成果を踏まえ、様々な人権問題の解決を図る人権教育を推進し、保護者の理解と協力を深めるよう努める。

大牟田北高校 グランドデザインdownload(PDF:227.9キロバイト)